協会について about

協会概要outline

【 ご挨拶 】

■ 設立経緯(設立年月日:平成24年9月3日)

動機づけ面接 (Motivational Interviewing,MI) は、米国のミラーと英国のロルニックが1980年代に概念を確立させました。当初はアルコール依存症などに限定されたものでしたが、その後、他の精神疾患や健康行動・保健衛生行動などさまざまな領域において、比較試験による治療のエビデンスを着実に積み重ねてきました。現在では職種や対象を問わない、対人援助の領域で最も推奨される『面接法・カウンセリング技法』となっています。
動機づけ面接がこれだけ広まることになった理由の一つが、MITI(Motivational Intervewing TreatmetnIntegrity) などのカウンセラーの技能評価をする系統的なシステムを持っていることにあります。どのように優れた技法・トレーニングであっても、その品質を保証するシステムが伴わなければ、最後は期待はずれの結果しか出せない低品質なものに変わってしまいます。
ミラーとロルニックは動機づけ面接トレーナーネットワーク(Motivational Interviewing Network of Trainers、MINT Inc)を組織し、カウンセラーをトレーニングするトレーナーを育成し、トレーナーの品質保証に力を注いできました。2003年、原井が日本で最初の MINT のメンバーになり、その後、日本各地で動機づけ面接に関する講演やワークショップ、個人トレーニングやスーパービジョンを重ねて来ました。

それからほぼ10年が経過し、原井の他にもMINTのメンバーが増え、各地でトレーニングを行える体制が整ってきました。一方、まだまだ不足しているものがあります。品質保証をきちんと行えるシステムがありません。今後,動機づけ面接を使った実際の臨床や治療効果研究が日本でも増えてくると思われますが、その中でカウンセラーが十分な品質を保った動機づけ面接ができているかどうかを保証できる組織が必要です。
動機づけ面接の普及・促進だけでなく、技能評価も行えるシステムを確立させることを目的として動機づけ面接協会を設立することとしました。

■ 呼びかけ

どのような技能でも「私は上手くやっている」という自信は、その技能ができていることの保証にはなりません。自信は過信の裏返しです。車の運転技能を過信している人は、事故を起こしても相手のせいにするでしょう。カウンセリングの場面では、結果が上手く行かないとき、それをクライエントのせい・重い病理のせいにしてしまうのは日常茶飯事です。上手く行かないことを相手のせいにしてしまうことは、動機づけ面接のスピリットを理解していないことです。もちろん、いくら研修しても自信がつかない、うまく行かないのは自分の性格のせいだ、と思っていたら、上手くなるものも上手くなりません。

この協会は、自分の技能について自信を持つことの恐ろしさを知る人をサポートします。実際の技能を評価し、具体的なアドバイスを加え、技能を高めて、実際のクライエントに良い結果をもたらせるようにしていきます。
どのようなシステム・組織も周りとの相互交流がなければ生まれず、育ちません。皆様からのご支援、ご参加をお待ちしています。


原井 宏明

原井 宏明